開発者インタビュー

「ナノ技術100年の集大成を作りたかった」

ホソカワミクロン株式会社 執行役員 マテリアル事業部 事業部長 製薬・美容科学研究センター センター長
兼 ホソカワミクロン化粧品株式会社 代表取締役社長 辻本広行 博士 (工学)

今をさかのぼること3年前、私たち開発陣はひとつの目標に向かって挑戦をはじめました。ホソカワミクロン創業100周年の集大成として、これまでの想像を超える製品を世に出そう、100周年を飾る歴史的な製品を生み出そうと。それは独自開発したPLGAナノ粒子をかつてない粒子径140ナノメートルまで小さくすること。そして更に新規成分含め59種を配合するという気が遠くなるような挑戦でした。もちろんPLGAナノ粒子が「届くべきところ
辻本広行博士
辻本広行博士
まで届き、そして長くとどまる」という当社技術の優位性を損なうことなく。3年間で計6名の研究員が1,000回以上の試作を繰り返し、ようやく実現したのです。そして今、皆様にこのグランクリュをご体験いただけるようになりましたが、特別な成分を封入した140ナノメートルのPLGAナノ粒子をフリーズドライ製法で
使用直前まで新鮮な状態を保つためには、手の込んだ工程を必要とするため大量生産ができません。つまり限られたお客様にしかご提供できないのです。私たちの挑戦と創造がつまったこのグランクリュをぜひ手に取ってお試しください。
まで届き、そして長くとどまる」という当社技術の優位性を損なうことなく。3年間で計6名の研究員が1,000回以上の試作を繰り返し、ようやく実現したのです。そして今、皆様にこのグランクリュをご体験いただけるようになりましたが、特別な成分を封入した140ナノメートルのPLGAナノ粒子をフリーズドライ製法で使用直前まで新鮮な状態を保つためには、手の込んだ工程を必要とするため大量生産ができません。つまり限られたお客様にしかご提供できないのです。私たちの挑戦と創造がつまったこのグランクリュをぜひ手に取ってお試しください。
辻本広行博士
 ︎ご購入はこちら
TOP